事前に備えておく

Colorful drugs

アフターピルに関しての知識がない方は、アフターピルに関して危ないイメージを持っている方も多いもしれませんね。アフターピルで行う避妊は、身体に悪影響を及ぼす訳ではありませんので、安心して使用できます。
そもそも妊娠とは、精子と卵子が受精卵になり、その受精卵が子宮内膜に着床することで成立します。子宮内膜は子宮の壁面に作られた血液の膜で、これが体外に排出されるのが生理です。精子と卵子の受精と、子宮内膜への着床が妊娠の条件なので、逆に言えばこのどちらかさえ防ぐことができれば、妊娠は阻止できます。アフターピルは主に子宮内膜へ働きかけることで避妊を行うのです。

アフターピルには子宮内膜を無理矢理に引き剥がす効果があります。子宮内膜が無くなることで、受精卵の着床は難しくなり、高い避妊効果が期待できるのです。言わばアフターピルはセックス後に無理矢理生理をひこ起こす薬とうイメージですね。
実際に受精卵が子宮内膜に着床するまでに時間を要します。着床までの間に子宮内膜を剥がす必要がありますので、アフターピルの服用には時間制限があります。アフターピルの種類によっても異なりますが、大体の目安が72時間いないとなっています。さらに、行為の直後に飲む場合と、72時間ギリギリで服用する場合とでは、避妊率に4場合以上の差があります。アフターピルでの避妊は常に時間との戦いといえるでしょう。
アフターピルの避妊効果を最大限に享受するためにも、必ず早期の服用を心がけましょう。行為の後に購入するのは大きなタイムロスになるので、できれば事前に準備しておくと良いでしょう。